自分なりの理想のスタイルとは

カスタム

T32 X-TRAIL。

先代までの角ばったスタイルから一新、さらに電子制御てんこ盛りなところに惹かれて契約し、3月に初回車検を迎えた私のエクストレイル。

すべてはこの1枚の写真から始まりました。

国内向けX-TRAILと同じスタイルのはずなのに、ぜんぜん違う印象で。調べれば調べるほど国内モデルとの違いを見つけては羨ましくて羨ましくてため息をつくような毎日。

私のカスタムスタイルは「純正(パーツを用いた海外)仕様」。よくあるメッキパーツを付けたりマフラーやホイールを社外品に変更したりというものではありません。

シンプルでさりげなく、よく見るとちょっと違う、冠婚葬祭、特に「葬」でも違和感なく使えること、さらに「車検対応」であることに重点を置いています。

そんなスタイルがほぼ完成しました!

 

欧州X-TRAIL用19インチホイール(タイヤサイズ:235/55R19)

2017年ROGUEでも採用された純正19インチホイールです。

ebayで購入。2万/本と安価に購入できたはずだったのに、送料がバカ高くて1本あたりの単価が倍以上になってしまったいわくつきのアイテムだったりします^^;

契約前からネットでこのスタイルを見てきたので是が非でも手に入れたかった逸品なので値段も含めて大満足。

 

欧州X-TRAIL用リアフォグランプ

こちらも契約前から欲しかったアイテム。最初はレンズ部分のみ購入しましたが、やはり車検対応にこだわって、配線付きキットをebayで購入。(レンズだけだと車検時に取り外しが必要)

今は某ネットオークションでも配線キット付きリアフォグが出品されていますので書いやすくなりました。

あまり使用するシチュエーションはありませんが、箱根など霧の多い場所で一度だけ点灯させただけですが、リアビューを引き締めるアイテムとしてもぜひ装着したいと思っていました。

 

内装アイボリー化

内装は海外向けのパーツを入手しようと考えていましたが、多岐にわたるパーツが必要なこと、そもそもネットで買うことができず、他の輸入手段も無かったので半分諦めていました。(そもそも内装のアイボリー色は本皮仕様にしかラインナップされていない)

なんとか方法はないかとネットで調べていたところ ”内装カラーチェンジ” といって、内装パネルやシートを ”塗装” する手法があることにたどり着き、さらにその内装カラーチェンジ施工ができるSUPREME MOTORS さんが近所だったことで一気に話が本格化し、実現することになりました。(お金はたくさんかかりましたけども)

 

米国ROGUE用18インチホイール(タイヤサイズ225/60R18)

こちらは日本版X-TRAILの特別仕様車「20Xtt」にも採用された18インチ純正ホイールと同じデザイン。ですが日本向けとは違い色がシルバーではなくグレーなのです。

スタッドレス用としてebayでも探していましたが、19インチホイールと同じく送料の心配があって躊躇していたところ、某ヤフオクに出品されたのを見つけて落札。

届いてみて、写真では分からなかった傷がたくさんあって、内装アイボリー化でお世話になったSUPREME MOTORSさんに相談しましたが、4本すべて修理すると購入金額の3倍かかることから、スタッドレス用ということにしてこのまま使用することにしました。

外観は正直、運転しているときにはほぼ見えませんが、内装アイボリー化は常に目に入るので、車に乗り込むたびに「やって良かった!」と思えること、サイコーに心地よいです。

ここまでがX-TRAIL契約前からいつかはやってみたい!と思っていた純正カスタムです。使っているパーツ類はもちろんすべて純正パーツですので、違和感なく、ここまでイメージを変えることができたこと、大変満足してます。

次回以降、こんな感じでパーツ選びや他にもいくつかカスタムした点を書いていこうと思います。

 

コメント